保障内容

婦人

自転車保険では、様々な補償内容が用意されているので、何かあったときにも安心出来ます。
万が一、自転車で誰かとぶつかって死亡させた、あるいは自分が死亡してしまった場合、死亡保険金としてお金が支払われます。
これは何日以内といった制限が設けられている場合がほとんどです。
またケガをして、後遺症が残ってしまった場合、自転車保険で後遺障害保険金として支払われます。

自転車に乗っていて人にぶつかった、物にぶつかったときなど賠償責任が発生したときにも、自転車保険で対応することが出来ます。
保険会社によって、最高1億円を支払うというところもあります。
賠償責任が発生したときの保険金を、日常生活賠償保険金といいます。
細かく規定があるので、その詳しい内容について保険会社に問い合わせてみましょう。

他にも、入院したときの入院保険金・手術を受けたときの手術保険金や通院保険金などがあります。
自転車の事故で入院したとき、病院の治療費や入院費が必要になりますが、それらを補償してくれます。
自転車での事故で、手術するほど大きなケガを負ったときにも、治療のための手術費用を補償してもらうことが出来ます。
通院が必要な場合は、日額いくらという形で通院保険金が支払われます。
自転車保険といっても、保険会社によって、その補償する日数や期限・支払われる費用は異なります。
補償される内容はほとんど同じであり、補償金額や日数が違ってくるため、確認が必要です。